ドライブ前には「猫バンバン」を忘れずに! 猫への小さな思いやり、どうぶつ基金事務局よりのお願いです。

コメント


★「猫バンバン」とは★

エンジンルームやタイヤハウス(タイヤの周りの隙間)など、自動車の内部に入り込んでしまった猫を外に逃がすためにボンネットを叩く運動です。

エンジンルームに猫がいることに気付かずにエンジンをかけてしまうと、猫は驚いてパニック状態になる可能性があります。
パニックになった猫は、どんどん熱くなるエンジン部やベルトの回転部に巻き込まれるかもしれません。
ほとんどが一瞬の出来事なので、気付いた時にはすでに手遅れになっている場合がほとんどです。

エンジンルームの中の猫に気づかずにエンジンをかけてしまった…
タイヤハウスにいる猫に気づかずに走ってしまった…
そんな悲しくて辛い事故を防ぐ為に、今日から「猫バンバン」をやってみませんか?

■なぜそんなところに入りたがるの?

自動車の構造内部は、猫の隠れ家にピッタリな条件が揃っているためです。

・狭くて暗い隙間がある
猫は家具の隙間や段ボール箱の中など、暗くて狭い場所が大好きです。
ボンネットを開けてみると、入り組んだ構造の中に猫の好みそうな隙間があることに気づきます。

・外敵から隠れられる
警戒心の強い猫は、他の動物や人目に付きにくい場所を好みます。
エンジンルームの中は開けないと全く見えない場所なので、猫が隠れるのにうってつけです。

・雨風を防ぐことができて暖かい
猫は寒さを嫌う動物です。
エンジンルームは雨風をしのげる上に、運転後はしばらく暖かいので、暖をとりに入ってしまいます。

上記の理由から、猫にとってはこの上なく安心安全で、隠れ家にぴったりな場所と言えます。
冬に暖かい場所を求めて入ってしまうことが多いとされていますが、実は年中ロードサービスに報告が入るようです。



■痛ましい事故を未然に防ぐため「猫バンバン」をしてみましょう

【車に乗る前に、ボンネットをバンバンと叩く】

強くたたきすぎるとかえって怖がり出てこなくなる可能性があるので「今から車を動かすよ!入っていたら出てきてね」という優しい気持ちで叩いてみてください。
猫にお知らせするのが目的なので、ドアを強めに閉めてみたり、クラクションを軽く鳴らすのも有効です。
叩く前に、鳴き声がしないかなどを確認するのもいいです。



【車の下とタイヤハウスも確認しましょう】

車の下で休んでいる猫や、タイヤをベッドにして寝ている猫がいるかもしれません。
エンジンルームから出てきた猫が隠れているかもしれないので、ライトで照らして確認してみてください。



【エンジンルームを確認しましょう】

駐車場で猫をよく見かける方や、長期間停めたままの車を動かす際は、バンバンするだけでなくエンジンルームも確認しましょう。
猫は安全だと思った場所に戻る習性があるので、しっかり対策することをおすすめします。



■侵入させない方法はあるの?
そもそも猫が侵入しないようにできればいいのですが100%確実な方法は残念ながらありません。
しかし、猫が居づらい環境にすることで事故のリスクを減らすことは可能だと考えられています。

・「猫バンバン」は有効な手段
バンバンと音がする環境にすることで、人目に付くことや大きな音が苦手な猫は居心地が悪くなり車に近づきにくくなります。

・忌避剤や超音波発生器を使用する
使うことに抵抗があるかと思いますが、痛ましい事故を未然に防ぐためには有効と言えます。
ただし、忌避剤はにおいがなくなれば効果はなく、超音波発生器は近くの飼い猫や人にも聞こえる可能性があるので使用の際は注意が必要です。
 
 
■もしも巻き込んでしまったら…
とても辛いことですが、考えないわけにはいきません。
もしも巻き込んだ場合は自ら救出するのが望ましいですが、エンジンルームの仕組みが分からない方はまずディーラーやロードサービスに相談しましょう。
きちんと対処しないと、猫が可哀想なのはもちろんのこと、衛生上もよくありませんし、エンジンの故障にもつながります。
ショックでパニックになるかもしれませんが、猫のためにも、車のためにも、迅速に対応しましょう。